So-net無料ブログ作成
検索選択

バイナリーオプションとFXの違い [バイナリーオプション基礎知識]

公式サイトはこちらから
デモ取引でカンタンに投資のオモシロさを体験することができます!
目指せ分給10,000円!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Japanese all-rounder
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



ここではバイナリーオプションとFXの違いを見ていきたいと思います。

FX利用者が多い中、なぜバイナリーオプション取引が人気となったかには、以下のようなバイナリーオプションの投資に対するリスクの低さが注目されています。



スクリーンショット 2016-01-26 4.07.26.png



*利益が一定だからハイリスクな投資を避けることができる!



FXは価格の値動きににより、利益が一定ではありません。

安い時に買って高い時に売るというイメージです。

その差額が大きいほど利益は大きくなります。

タイミングがよければ1回の取引で莫大な利益を得ることもできます。

一方で、バイナリーオプションは利益が一定です。

差額は関係なく、少しでも高い、もしくは低ければ判定が出ます。

ですので、大きな差額が出そうなタイミングを計らなくてもある程度の利益は出せます。

また、配当の倍率も初めから決められているため、値動きの幅に関係なくある程度の配当を得ることができるのです。



*損失=掛け金なため資金管理が行い易い!



FXは大きな利益を出すことができますが、逆に大きな損失を生むこともあります。

損失の場合も、その差額が大きければ大きいほど莫大な損失となります。

バイナリーオプションの場合の最大損失額はチケット購入額です。

どれだけ大きく差額が開いてもチケット購入額以上の損失は出ません。

予めどれだけ損失が出るか判っていれば、リスクを考えながら投資を行う事もできます。



レバレッジがないから損失時のリスク管理も容易になる



FXにはレバレッジというものがあり、バイナリーオプションにはありません。

このレバレッジを使うと自分が取引用に用意した金額以上の金額で取引きができるようになり、その金額の倍率を“レバレッジ”といいます。

FXは差額が重要なので、少し値動きで大きな利益を得るにはレバレッジを利用して取引を行わなければなりません。

しかし、実はそこには落とし穴があり、利益は増えるというメリットと共に、損失時もレバレッジの倍率に合わせて増えてしまうというデメリットが存在するのです。

現在、日本国内ではレバレッジは25倍までに規制されていますが、規制がかからない方法を取れば300倍などのレバレッジをかけることができます。

つまりこれを利用した場合、利益が出る時は300倍ですが、損失も300倍になってしまうリスクがある。という事。

FXで利益を出すためにはレバレッジが必要不可欠ですが、常に何倍もの損失がでるリスクが伴う点を考えると、少しの値動きでも掛け金以上のリスクは発生することなく利益の獲得ができるバイナリーオプションの方が初心者投資家の方には向いていると言えます。



*チケットを一度購入すれば取引終了まで待つだけ!



FXは差額を求めますので、利益分の差額が出た時にいつでも取引を終了できますし、損失分の差額が出た時に関してもその損失額が大きくなる前に取引きを終了してしまえば損失額も少なく抑えられます。

逆に考えると、FXで差額がなかなか出ない時は、差額が出そうなタイミングを計るために取引時間は
長くなってしまいます。

あまり差額がでないにも関わらず長い時間を費すこともあります。

一方バイナリーオプションの場合は、取引期間が決められています。

その取引期間は短いもので1分後に終了し、一定の利益をだすことが可能です。

一長一短ではありますが、大きなリスクを負わずに一定の利益が出せるという点でバイナリーオプションは、より手軽に取引きができるといえます。



公式サイトはこちらから
デモ取引でカンタンに投資のオモシロさを体験することができます!
目指せ分給10,000円!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Japanese all-rounder
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

あなたはバイナリーオプションに向いているか診断!? [バイナリーオプション基礎知識]

公式サイトはこちらから
デモ取引でカンタンに投資のオモシロさを体験することができます!
目指せ分給10,000円!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Japanese all-rounder
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



投資と聞くだけで眉間にシワを寄せて難しい顔をしてしまう方も多いと思いますが、実際は凄く簡単な取引であるバイナリーオプション。

そんなバイナリーオプションですが、どの様な人に向いている投資なのでしょうか?



*バイナリーオプションは見極める要素が少ない



株やFXは、基本的には「安い時に買って、高い時に売る」という投資方法で、その差額で利益を出していきます。

ここで重要となってくるのが、「買う時のタイミング」と「売るときのタイミング」です。

このどちらかで見極めを失敗してしまうと利益はでませんし、逆に大きな損失となることもあります。

その点、バイナリーオプションは基本的には「チケット購入のタイミング」を見極めるだけで利益が出せますので、より簡単に、より手軽に投資を始めることができるのです。

また、万が一投資に失敗してもFXのように多額の借金を背負うことはありません。



スクリーンショット 2016-01-26 3.57.46.png



*バイナリーオプションの利益



株やFXでの利益は差額という話をしましたが、バイナリーオプションはペイアウト率が決められ、予想が当たれば2倍近くの利益を手にすることができます。

株やFXで2倍近くの利益を出すには知識や経験を利用して大きな差額を狙うか、小さな差額を複数の取引でコツコツ稼ぐしかありませんし、途中で予想外の動きをしたときには、想定していた損失の額を、大きく上回る損失がでる可能性があります。

ですので、「大きな利益が出せるほどの知識や経験もないし、コツコツ稼ぐ時間もない。」という方でもできる投資方法として注目されています。



*取引額が小額からできる



投資を始めるには最初にお金がかかると思っている人も多いです。

確かに、株やFXは大きな軍資金が無い状態で始めるのには心もとないです。

しかし、バイナリーオプションはどうでしょうか?

バイナリーオプションは、取引額が非常に小額でも始められます。

取引業者によって、取引の最小額は異なりますが、安いところで50円。

高いところでも1000円程度です。

そのため、お金に余裕が無い学生の人や、大きな金額を自由に使えない主婦の人となっています。



公式サイトはこちらから
デモ取引でカンタンに投資のオモシロさを体験することができます!
目指せ分給10,000円!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Japanese all-rounder
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

バイナリーオプションで稼げる勝率!? [バイナリーオプション基礎知識]

公式サイトはこちらから
デモ取引でカンタンに投資のオモシロさを体験することができます!
目指せ分給10,000円!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Japanese all-rounder
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



バイナリーオプションは、基本的に2択から選ぶので勝率は適当にやっても50%です。

しかしペイアウト率という業者に支払う手数料の部分が存在する限り、50%の勝率では総合的な利益は出せません。

そこで、知識やテクニックを使ってここから勝率を上げていく必要があります。



*バイナリーオプションで利益になる勝率とは?



利益を出すには何が必要かを考えると、やはり「勝率」が思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

しかし、勝率が50%では利益にはなりませんし、逆に損失となってしまいます。

何故かというと、単純に勝った時に返ってくる金額が2倍ではないからです。

これにはペイアウト率が関わってており、基本的にハイアンドローの取引では約1.8~1.9倍で設定されています。

1.85倍で必要な勝率を計算してみると利益が出るのは約54%以上の勝率が必要となり、この+4%分は、取引回数を重ねる毎に大きな差が出てきます。



*勝率50%でも利益に繋げる投資方法



しかし、恐れることはありません。

なぜなら、上記で説明したのは全て同じ投資額でチケットを購入した場合の数値だからです。

毎回掛け金が同じ場合は確かに上記のようにある程度の勝率を出さなければ利益に繋げることができませんが、知識や経験があれば、自信を持って投資できるタイミングが分かってきます。

為替動向の予想に自信があまり無いときは小さく投資をして、自信があるタイミングになった時は大きく投資をすれば勝率が50%以下でも利益を出す事は可能となるわけです。

ボクシングで言う「ヒット&アウェイ」ですね。

攻めと守りに強弱をつける投資方法を行う事で、勝率を度外視して利益を追及することが可能となります。

バイナリーオプションでは特に、投資のタイミングを見極めることが勝率よりも大切となってきますので、バイナリーオプションでどれくらい稼げるかは、自分の知識や経験によるところが大きいといえるでしょう。



公式サイトはこちらから
デモ取引でカンタンに投資のオモシロさを体験することができます!
目指せ分給10,000円!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Japanese all-rounder
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

バイナリーオプションの必要資金はいくら!? [バイナリーオプション基礎知識]


*一度の取引にいくら必要なのか



公式サイトはこちらから
デモ取引でカンタンに投資のオモシロさを体験することができます!
目指せ分給10,000円!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Japanese all-rounder
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



必要な資金は業者によって変わってきますが、チケットの最低購入額は高い業者でも2,500円から始められます。現在、一番小額のところだと10円からでも始められますので他の投資方法に比べると、とても気軽に始められます。

これは実際に他の投資方法(FXなど)と比較すると判り易いのですが、FXの場合はある程度自由な投資を行うには10万円~30万円の資金が必要といわれています。



スクリーンショット 2016-01-26 3.44.14.png



但し、業者毎に「最低入金金額」が決まっており、1回入金が5,000円以上でないと受け付けないなど入金に対する決まりが儲けられています。

※10円入金して10円の取引が行えるわけではありません。



*どのくらいの軍資金があればいいのか



もちろん、人それぞれ投資にかけられる金額は変わってきますし、どのくらいの頻度で取引を行うのかによっても変わってきます。

最初だから最低入金額の5,000円で運用してみようという方もいれば、5万円と金額を決めて取引を行ってみる方も居るでしょう。

もし、自分にあった軍資金の金額が決められない場合はキャンペーンボーナス主軸に考えてみることをお勧めします。



公式サイトはこちらから
デモ取引でカンタンに投資のオモシロさを体験することができます!
目指せ分給10,000円!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Japanese all-rounder
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

バイナリーオプション取引ルール解説! [バイナリーオプション基礎知識]




一言にバイナリーオプションと言ってもいくつか種類があります。

取引業者を決める前に、どのような種類を扱っているかなどを知っておきましょう。

下にその種類と特徴をまとめました。



*ハイアンドロー



スクリーンショット 2016-01-26 3.35.05.png



判定ラインより、「上」か「下」か

現状のレート(緑の点)が判定ラインとなり、判定時間のレートが今より「上がる」か「下がる」かを予想する取引ルールです。

「上」か「下」かを選ぶだけの一般的なシステムなので、終了時間の価格が開始時間の価格を上回るか、下回るかを予想してチケットを購入します。

予想が当たれば、ペイアウト率によって払い戻しがあり、予想が当たらなければ払い戻しはありません。

単にバイナリーオプションと言うと普通はこのハイアンドローの形式のことを言います。

基本的には多くの業者でこの取引ルールは取扱っていますが、例外もあり取引業者によってはハイアンドローを扱っていないので、口座を開設する前にどの取引ルールがあるのかは確認しておくようにしましょう。



*ラダー



スクリーンショット 2016-01-26 3.35.21.png



指定した判定ラインより、「上」か「下」か

どのくらい上がるか、もしくはどのくらい下がるかを予想しなければなりません。判定ラインがA、B、Cといくつもあるので、Aより上、または、Bより下など自分で判定ラインを選択した後、その判定ラインより高いか低いかを予想しなければなりません。

左の表では、判定ラインBを基準とし、「Bのラインより上がる、Bのラインより下がる」と言った具合で投資をパターンです。

また、「Aより上」と判断した場合は判定ラインが現状のレート(緑の点)より遠いので、そこに到達した時のペイアウト率は高くなります。

逆に「A以下」と予想した場合は、Aより下は全部大丈夫という事になり、高い確率で当たるとい事になるので、配当が低くなるという特徴があります。



*ワンタッチ



スクリーンショット 2016-01-26 3.35.31.png



決められた判定ラインに、「タッチする」か「タッチしない」か

ワンタッチは「上」か「下」かを決めるものではありません。

開始時間から終了時間までの間に、一度でもある価格に「到達(タッチ)する」か 「到達(タッチ)しない」かの2択になります。

あまり値動きをしないチャートの場合は「到達しない」方がとても有利になる方式です。

ワンタッチのルールで間違いやすいのが、判定時間の時にタッチしているか、していないかなではなく「判定時間までに一度でもタッチするか、しないか」ということなので、仮に「タッチする」と判断した場合は判定時間までに一度でもタッチすればその時点で利益確定となります。



レンジ



スクリーンショット 2016-01-26 3.35.42.png



決められた判定ライン内に、「納まる」か「納まらない」か

この方式は決められた判定ラインの範囲内「納まる」か「納まらない」かを予想する取引方法です。

相場の動きが激しい時もしくは動きが見られな時に有効な取引方法で、相場が激しく動いているときは「納まらない」ウロウロして落ち着いているときは「納まる」と言った具合に投資を行うと効果的です。

現状のレートと一緒に判定ラインが常時動いている状態なので、購入するタイミングも難しいですし、どちらかと言うと相場の先読みが得意な上級者向けと言えるかもしれません。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

投資初心者に人気のBOとは!? [バイナリーオプション基礎知識]


*バイナリーオプションとは?



公式サイトはこちらから
デモ取引でカンタンに投資のオモシロさを体験することができます!
目指せ分給10,000円!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Japanese all-rounder
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



バイナリーオプション(BO)とは「簡単」「低リスク」「高勝率」という事で最近注目されている投資方法の一つです。

その魅力は、「上がる」か「下がる」かの二択から選ぶだけで初心者の人でも気軽に投資ができるというところにあります。

ここで肝心なのは二者択一で投資が行えるという事。

つまり1/2の確率で投資に成功し、利益を得ることができる投資という事。

取引ルールはいくつか存在しますが最もポピュラーなもので、判定時間(取引終了時間)時に現状のレートより上がっているか、下がっているかを判断するタイプのハイアンドロー式が主流となっています。



スクリーンショット 2016-01-26 3.23.12.png



※重要※

2013年11月より施行された国内バイナリーオプションへの規制の影響を受け、国内バイナリーオプション業者では従来の二者択一の取引が行えず、投資初心者への敷居が高くなっています。

しかし、国内の規制の影響を受けない海外バイナリーオプション業者では、これまで通り二者択一の取引を中心としてサービスを提供しているため、取引難易度の低いバイナリーオプションを行う場合は海外の業者を選択したほうがいいかもしれません。



*配当の仕組みも簡潔で覚えやすいのが特徴!



その仕組みは至って簡単で予想が当たれば利益となり、外れれば損失となります。最大の損失額が投資額となるので、FXのように予想外な損失になることはありません。ですので、リスク管理がやり易いという点でも投資をなかなか始められないという人にはオススメです。



スクリーンショット 2016-01-26 3.23.25.png



勝率は単純に考えると、確率的には50%となり、知識や経験を積むことで更に勝率を上げることもできます。

もし、FXや株の取引経験がある方はその知識を活かすチャンスですね!その知識や経験が勝率50%を超える鍵となります。

また、これから始める人も、勝率50%から始められると考えると、リスクの少ないスタートがきれる投資方法と言えるでしょう。

しかし一方手では投資に興味を持つ人が増えており、実際に投資をやってみようという人が多い反面「大きな損失がでたら…」という声や、「税金の払い方が難しそう…」という声もよく耳にします。

実際はそう難しくないものでも、人は先入観や想像だけで物事を捉えてしまう性質があるので仕方ないことなのですが、実際のところはそう難しいものではありません。

このサイトを通じて、投資初心者の人でも分かるようにバイナリーオプションを説明していきますので、この機会にバイナリーオプションを始めてみては如何でしょうか!



公式サイトはこちらから
デモ取引でカンタンに投資のオモシロさを体験することができます!
目指せ分給10,000円!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Japanese all-rounder
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

バイナリーオプション業者の選び方 [バイナリーオプション初心者用ページ]


*バイナリーオプションの業者はどこを選べばいいの?



公式サイトはこちらから
デモ取引でカンタンに投資のオモシロさを体験することができます!
目指せ分給10,000円!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Japanese all-rounder
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



2011年ごろから日本国内でもバイナリーオプション利用者が増え続けている現状。

市場規模はどんど拡大している人気の投資となっているわけですが、国内、海外を含める数多くの業者が存在するため利用者も「どの業者を選べばいいのか」という点に悩まされていると耳にします。

そこでまず国内・海外の違いは何か、それぞれのメリット・デメリットは何かを紹介します。

少しでも業者選びの参考にご利用下さい。



*国内のバイナリーオプション業者の特徴を知ろう



国内業者は金融庁指定の元、標章登録を持っている為に安心して利用が出来ます。

信用を金融庁から得ている為に健全な運営が行われていますが、2013年11月に金融庁からの通達で規制がかかって以来、以前のような二者択一の簡単取引が行えなくなりました。

また、口座開設時に多くの個人情報を必要とする為に手間・時間がかかる点は避けられず、申し込み時から2日~7日程度掛かかります。

更に口座開設に伴い「どれだけ投資の知識があるか」を問う知識認識テストを導入しており、このテストの合格できなければ取引口座の開設を行うことができません。

良い点としては国内で運営を行っている為、銀行振り込みによる入金や出金の反映する速度が速いという点。

また、信託保全が整っているため万が一バイナリーオプション取引を提供する業者が倒産することになっても預託金は保障されています。

入出金を行う際の手数料も海外業者に比べて大変安いためにスムーズに取引が行えることが多いですが、「借金で投資をしてはいけない」という概念から海外ではクレジットカードでの入金が出きるのに対し国内業者はクレジットカードの利用ができません。



■国内業者まとめ■

【メリット】
・全ての国内業者が金融庁登録業者で信託保全が整っている
・国内送金という事もあり、出金対応が早い
・基本的にバイナリー単体での運営を行っていないため、FXと併用して取引できる
・全ての業者において転売が可能なため、投資金全額損失というリスクを避けることができる

【デメリット】
・基本的に入金は銀行送金のみで、クレジットカード等の入金方法が利用不可
・1回の取引は2時間以上と決められており、利益率が低い
通貨ペア、取引ルールが少なく、取引の自由度が低い
・二者択一の取引ではないため、投資未経験者が利益を得るには難易度が高い
・口座開設に時間がかかり、投資に対する知識の有無と問う”知識確認テスト”が導入されている
(※知識認識テストは1日に1回受けることができ、合格すれば口座開設が可能となります。)



*海外のバイナリーオプション業者の特徴を知ろう



スクリーンショット 2016-01-26 3.12.08.png



海外業者は海外に営業所を構えているので国内の金融庁の認可を受けていない業者が多く、国内業者と比べて信用度が低い現状があります。

ただし、日本国内の認可を受けていないだけであり、所在国金融庁の認可を受けている業者も多いため全ての海外業者が安心して使えない業者という事ではありません。

一方、リスクが高いように見える海外バイナリーオプション業者にも大きなメリットが存在し、日本国内の規制内容が適応されない分、多くのオプション取引やキャンペーンサービス等が豊富で、国内だと口座開設時に必要とされる、投資初心者には高い敷居となる”知識認識テスト”が海外業者には存在しないのも特徴です。

また、国内では規制により禁止となった二者択一のハイアンドロー取引をはじめ、1分間と言う短時間で取引を行う60セカンドなどを取り扱っており、為替や株式の状況に応じた取引ルールを利用することで大きな配当を狙うことが可能。

短い時間で取引を行うことができるため、国内業者より利益率が非常に高く、投資未経験の方でも二者択一のため簡単はじめられる。という事が最大のメリットとなります。

海外の業者というだけで懸念する方も多いですが、日本語対応の業者も年々増えてきているため、上手く利用すれば国内業者を利用するよりも効率よく稼ぐことも可能になるという魅力を秘めています。



■海外業者まとめ■

【メリット】
・1分や30秒と言った短時間の取引が可能で利益率が高い
・基本的に二者択一の選択式投資なので未経験者でも気軽に始めることができる
・口座開設時間が平均約5分、身分証明書等不要
・クレジットカード決済対応
・国内業者にはないサービス、キャンペーン等が豊富

【デメリット】
・金融庁の認可を受けていない業者が殆どで、基本的に信託保全がない
・一部悪質な業者が存在し、トラブルに陥る可能性がある ⇒ ※安心して使える人気業者はこちら
・出金申請後、着金まで時間がかかる場合がある



*業者を選ぶポイント



国内外含めると多くのバイナリーオプション業者が存在しますが、その中から利用していく業者を選ばなければなりません。

投資を始めたばかりのトレーダーの方には自身の投資スタンスなどは分かりませんから、即時口座が開設できる海外から利用してみるといいかもしれません。

また、状況に応じて国内と海外を使い分ける場面に遭遇することが出てくると思いますが、両方に選択肢を用意することで無理なリスクを負った取引を行う必要がなくなるメリットが生まれます。

基本的にバイナリーオプションは投資として多くの方に親しまれていますが、必要最低限のリスクだけに留める為にも選択肢を多く用意しておいて損はありません。

取引画面のレイアウトなども業者によって異なるのでまずは色々と利用してみて自分のスタンス・やりたいことを徐々に見つけていくことをオススメします。



公式サイトはこちらから
デモ取引でカンタンに投資のオモシロさを体験することができます!
目指せ分給10,000円!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Japanese all-rounder
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

【デメリット】バイナリーオプションの [バイナリーオプション初心者用ページ]

スクリーンショット 2016-01-26 2.59.08.png



1000円から取引できるバイナリーオプションHIGHかLOWか予想する取引クレジットカード(マスターカード)取扱い開始!



これから投資を始める方はバイナリーオプションのメリットだけではなく、デメリットとなる部分もしっかり把握しておきましょう。

投資は必ず儲かるという金融商品ではありませんので、しっかりデメリットを把握した上でリスク管理を行っていくことがもっとも重要となってきます。



*予想が当たらなかったときに投資額を全額失う



スクリーンショット 2016-01-26 2.59.24.png



株やFXは損失が出たとしても随時取引きを終了することができますので、全額を失う前に取引きを終了すれば全額失うことはありません。

しかしバイナリーオプションは当たるか外れるかの二者択一ですので、外れれば掛け金が全て損失額となってしまいます。

しかしバイナリーオプションの場合は、取引きの期間が決められています。

判定の期間中は取引きを終了することができません。

取引開始直後に予想とは逆方向へ、大きく値が動いてしまっても基本的に取引終了時間まで待つことしか出来ません。

権利放棄と言って、途中で取引きを終了できるサービスもありますが、権利放棄を扱っている取引業者は限られていますし、終了時間に近づいてくると権利放棄ができなくなります。



*一度の取引で稼げる額に限界がある



スクリーンショット 2016-01-26 2.59.39.png



バイナリーオプションば投資が出来る上限額が業者毎に決まっているのに加え、取引時間が短いことからコンスタントに取引を回数を重ねて利益を積み重ねていくのが主流です。

一度に何百万という金額を動かして何千万の利益を狙うという投資ではないため、一気に大金を失うリスクがない分、一度の取引で稼げる額に限度があります。

また、上記で説明したように取引に失敗した場合掛け金が全て損失額になるため、大きな金額で取引を行うにはリスクが伴います。毎回高額で取引を行うのではなく、投資額に強弱をつけて攻め時の感覚をつかみながら取引を行わなければなりません。



*次々に資金をつぎ込んでしまう



最大損失額が決まっているので安心というメリットの反面、そこがデメリットになる可能性もあります。

取引きの時間が短くて投資額が少なくて済むので次々に取引きをしてしまうことがあり、その時にコストやリスクの管理を怠ってしまうと、気がついたら大きな金額を失っていたということにも注意しなければなりません。

冷静に取引きを行なっていれば問題ないとは思いますが、取引きに慣れてくると陥りやすい点ですので、気をつけておきましょう。

このページの最初にも言いましたが、投資を行う中で最も大事なことは利益の上げ方を覚えることではなくリスク管理をしっかり行うことなので、常に意識しておく必要があります。



1000円から取引できるバイナリーオプションHIGHかLOWか予想する取引
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

【メリット】バイナリーオプションの [バイナリーオプション初心者用ページ]

スクリーンショット 2016-01-26 2.44.48.png



公式サイトはこちらから
デモ取引でカンタンに投資のオモシロさを体験することができます!
目指せ分給10,000円!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Japanese all-rounder
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



バイナリーオプションをする上でメリットとなる点をまとめてみました。

※デメリットも合わせてご覧いただくと、より理解が深まると思います。

*投資前に利益と損失が把握できる!



スクリーンショット 2016-01-26 2.45.17.png



他の投資方法に比べ、バイナリーオプションでは投資を行う前に利益が出る金額と損失が出る金額が分かります。

とても資金の計画が立てやすく、初心者にとってありがたい点です。

FXなどと違って投資を行う時点で配当の倍率が決まっているため、値動きの幅に関係なくペイアウト率に沿った配当金を手にすることが出来ます。



*少額投資で大損のリスクが少ない



スクリーンショット 2016-01-26 2.45.30.png



1回の取引は1,000円といったように少ない金額でも取引きができますので、最初に用意できる軍資金が少ない人でも始められます。

業者毎に最低取引金額が設定されており、100円や500円といったワンコインの投資を提供している業者もあるので、投資を始めるには大金が必要というイメージを根底から覆す金融商品です。

低額から取引が行えることと、FXのような値動きの幅を見ながら売買を繰り返すわけではなく、取引開始時間と終了時間が決まっていることから、失敗時でも「投資額=損失額」となるバイナリーオプションでは一度の取引で数十万の損失がでるなんて事はありません。



*知識がなくてもできる



スクリーンショット 2016-01-26 2.45.43.png



知識がないよりはもちろんあった方が利益は出せますが、無くてもある程度の勝率があります。

なぜなら、基本的には2択から選ぶので当たる確立は知識がなくても50%はあるからです。

その場合は運に左右されることもありますが、始めたばかりの初心者の勝率としては十分ではないでしょうか。

投資の経験や知識がなくてもコツさえつかめば、50%の壁は初心者でも十分に越えられるということになります。



*時間がかからない



スクリーンショット 2016-01-26 2.45.55.png



最短で10分や15分で取引きの決着がついてしまう取引業者がほとんどです。

取引を終了するタイミングをはからなければならない株やFXよりも煩わしさがなく、より早く利益を出すことも可能です。

国内業者ではできませんが、海外の業者の場合最短1分や30秒といった超短期の取引を行うことも出来ます。

短時間で稼ぎたい方にはオススメです。



公式サイトはこちらから
デモ取引でカンタンに投資のオモシロさを体験することができます!
目指せ分給10,000円!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Japanese all-rounder
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

バイナリーの基本的な仕組み [バイナリーオプション初心者用ページ]

スクリーンショット 2016-01-26 2.28.14.png



公式サイトはこちらから
デモ取引でカンタンに投資のオモシロさを体験することができます!
目指せ分給10,000円!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Japanese all-rounder
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



*二者択一と軽視すると損益となる!

簡単な投資のバイナリーオプションですが、利益と損失がどのように決まるのかを見ていきましょう。

バイナリーオプションは元々、各取引業者のFXや株取引におけるオプションの一つでFXや株とは切り離せない関係にありましたが、最近ではどちらかと言うとバイナリーオプション単体で考えられることの方が多く、バイナリーオプション専用の業者も増えている現状があります。

そのため、今でもオプションという考え方の取引業者はあり、取引業者によって仕組みも少し違いますので、ここでは一般的なバイナリーオプションの仕組みを説明していきます。

また、バイナリーオプション自体が比較的新しい金融商品のため金融庁による規制が徐々に行われています。現状のバイナリーオプションと以前のバイナリーオプションとでは仕組みが異なる場合が多いので、古いネットや本を参考にする場合は注意が必要です。

※国内のバイナリーオプションは2013年11月末を持って新しい規制を取り入れた仕組みへと変更。



*利益、損失の仕組みを学ぼう

利益は「上」か「下」かを予想をして、その予想が当たるかどうかで決まります。

当たれば「チケット購入額 × ペイアウト率」の配当を受け取ることができ、予想が外れれば掛け金が損失へと変わります。

ペイアウト率が高い業者では1.8倍~という倍率を目にしますが、ここではペイアウト率がなぜ2倍ではなく1.8倍や1.9倍なのかという点に注目してみてみましょう。



スクリーンショット 2016-01-26 2.28.38.png



上記の表を見ていただければ分かるように、同じ掛け金でも損失率が100%に対して、利益率は80%前後しかありません。

これではいくら二者択一でも50%の勝率を維持しただけでは利益に繋げるのは難しいです。

では、その残りの10~20%の余波分はどこにいってしまうのでしょうか?



*取引業者の利益がでる部分となる

他の投資方法での取引業者の利益は、取引手数料で収入を得ています。

もし、投資家が大きな利益をだした時はその分大きな手数料を得たりします。

ですので、投資家の利益がかなり減ってしまうということがあり、投資家はそこまで戦略に入れなければならなかったりします。

その点、バイナリーオプションでの取引業者の利益は手数料ではありません。

取引の手数料は無く、予想があたった際の倍率を2倍から減らすことによって、「予想が外れた人から得た投資金額 - 予想が当たった人への払い戻し」が取引業者の利益となります。

上記のペイアウト率1.8倍を例に挙げ、勝っている人、負けている人がそれぞれ100人居たと仮定すると、



スクリーンショット 2016-01-26 2.29.08.png



これで、投資家は投資額と配当額だけを考えて投資ができるという仕組みになりますね。

大きな利益が出たからといって多くの手数料を取られる心配もなく、公平な取引が行えます。

しかし、取引業者も利益を出さなければいけません。

予想的中者への払い戻しが多くなっては利益が出ません。



スクリーンショット 2016-01-26 2.29.08.png



こういった場合を防ぐために、対策として「上」か「下」かの選択肢に対して偏りが出た場合は「完売」という形でこれ以上チケットを購入できないという対応をとる取引業者もあります。

取引業者を利用する際は、事前に個別の取引方法を把握しておきましょう。



公式サイトはこちらから
デモ取引でカンタンに投資のオモシロさを体験することができます!
目指せ分給10,000円!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Japanese all-rounder
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。